Sheet metal painting

本物の職人さんが行う板金塗装

自動車の運転歴が長い人ほど、愛車の事故やとっさのキズは経験してしまいます。あまり気にしない人は、擦れたままで放置走行状態…結構いますね。女性や年配者の車が、そのパターンにハマります。少しのキズなら、下地が錆びる前に磨いてタッチペンで数回塗るとそこそこ持ちますね。
でも、ボコボコなボディや錆びが酷い車体は個人では手遅れです。せっかくに愛車、保険が利いたり予算に都合がつくのなら板金塗装をすべきです。短期修繕可能なチェーン店から、じっくりと直す個人経営まで幅広くあります。単純に、叩いて塗るだけでしょう?安いほうがいいんじゃないの?確かに、部分的な箇所なら当日終了もあります。機械で色合わせするので、車体色もあっています。
でも、その中でお勧めは職人さん。昔ながらの、板金塗装です。少しのへこみ等で、個人的に持ち込みをする人はあまりいないイメージです。どちらかと言えば、事故等でのディーラー持ち込みでしょうか?でも車好きな人は、パーツ塗装や改造(違法ではありません)部品をお願いしています。こだわる人は知っています。無理を聞いてくれて、仕上がりが素晴らしい事を。気になる人は、作業風景や金額を確認しても良いと思います。まだまだ、日本の板金塗装の職人さんは健在です。ペンで汚れた手が、カッコいいですよ。

板金塗装は腕の良いお店に頼むべき

板金塗装はどのような点を重視していけばいいのでしょうか。やはり一番は、板金塗装の腕が良いという点を重視すべきです。板金塗装は誰がしても完成は変わらないと思っている人はいると思います。しかし、板金塗装というのは、とても奥が深いので難しい作業であり単調な作業のように見えて、とても複雑なのです。だから、板金塗装をしてもらうのであれば、できるだけ腕の良いお店に依頼するべきなのです。
ではどのようにして板金塗装の腕が良いのかどうかを見極めていけば良いのでしょうか。1つ目は、板金塗装だけをしているお店を選んでいくということです。やはり板金塗装だけをしているお店というのは、板金塗装だけで今まで生活をしてきたということです。つまり、板金塗装の技術が高いから、多くのお客様を確保できているという証拠なのです。そうでなければ板金塗装だけでなく手広く事業を展開しているはずなのです。だから、板金塗装だけをしているお店というのは基本的に腕の良いお店だと言ってもいいでしょう。
2つ目は創業してから歴史がある板金塗装のお店を選ぶということです。歴史があるということは、それだけ今まで多くの板金塗装をしているということです。つまり腕が良い板金塗装のお店であると言えます。

板金塗装をする利点と作業方法

板金塗装をする時は、大きな損傷が出てしまった時にするというイメージがありますが、少しの損傷でも板金塗装をするという事は大切です。少しの損傷だから大丈夫と思って放置してしまうと、車の寿命が短くなってしまう可能性もあります。そのため板金塗装をする利点を見ていく事にしましょう。
まず車を軽くぶつけたりこすってしまたりした時はそれほど大きな傷ではありませんが、塗装が剥がれた状態で鋼板がむき出しになってしまっています。そこで雨などの影響を受けてしまうと、サビの原因となってしまうので板金塗装をしておけば車を保護する事も出来ます。
次に板金塗装をすれば傷つけてしまった車でも綺麗に見せる事が出来ます。板金の作業と形と整えてから塗装の作業で車体を被膜して輝かせる事が出来るので、傷つけた車にはみえません。そのため周囲の人からのイメージも良くなります。
板金塗装は最初に板金の作業でへこんでしまった形を元の形に戻していきます。それで形が元に戻ったら今度は塗装の作業をして仕上げていくという形になります。このように板金と塗装の2段階の作業になってしまうので、作業時間が少しかかってしまうという事もあります。そのため板金塗装をする時は時間に余裕を持ってするようにしましょう。

車を傷つけてしまったら腐食が始まる前に板金塗装をしよう!板金塗装立川矢萩自動車ならディーラーよりも丁寧に仕上げてくれますよ。